FREEDOMS@後楽園ホール

このエントリーをはてなブックマークに追加


2012.08.27
順番前後したけども、この記録は続けていきたいのであまり細かいことは気にしないことにする。
葛西純プロデュースのデスマッチトーナメント決勝大会。
葛西の「負けたら引退」は膝の状態を(あくまで外からだけど)見る限り切なさを持って響いてくる。
もちろん「そんなことない」って思いたいのだけど、やっぱりもうダメなんじゃないかって思って、思い入れたっぷりに観戦に行った。

第1試合
HIROKI SUSUMU× 清水 基嗣
vs
ワンマン・クルー○ リッキー・フジ Ken45゜

ワンマン・クルーは、身長はないけど横幅があっていい。タトゥー見る限り日本好きみたいだし。笑
HIROKIを久しぶりに見られたのがよかったな。
24日に引き続き、清水さんはなんだかなーって感じだった。

 

第2試合 ◇デスマッチトーナメント2012準決勝
嗚呼、東京砂漠!ホームレス寸前人間廃業デスマッチ
バラモンケイ×
vs
MASADA○

アイテム的には段ボール、ビニール袋に詰まった空き缶、自転車、等。
序盤、凶器攻撃受けてないのにいきなりMASADAが額から出血してるのが謎だった。笑
バラモンらしい試合で、最後はMASADAの攻撃をしっかり受けて、自転車の上へのパワーボムでスリーカウント。
MASADAのスタミナロスがなさすぎて、これ決勝で葛西と当たっても余裕じゃないの…と不安になった。

 

第3試合 ◇デスマッチトーナメント2012準決勝
スペシャルラダーデスマッチ
葛西 純○
vs
木高イサミ×

スペシャルラダーはイサミが蛍光灯、葛西がカミソリボードを取り付けたもの。
準決勝でカミソリかよ…と僕の中で緊張が走る。
また、3日前にイサミのデスマッチヘビーに挑戦が決まっているだけに、ここでイサミは負けないのではないか、という思いも。
イサミの動きがいい。蛍光灯被弾はイサミ。カミソリボードは共に。葛西は2度目のカミソリ被弾を額に。かなり深かったように見えた。
結局葛西が制するものの、カミソリのダメージは大きそうで、心配になる。

 

第4試合
◇ハードコアマッチ
保坂秀樹 杉浦 透×
vs
田中将斗○ 横山佳和

田中将斗をFREEDOMSで見るというのも珍しい気が。
保坂と田中ってFMW時代絡みあったっけ?
あったとしても田中の若手時代のような気がする。
印象に残ったのは横山の悪そうな感じと、杉浦の頑張り。
杉浦いいね。ゼロワンや大日の若手とどんどん絡んで大きくなって欲しい。

 

第5試合
◇スクランブルバンクハウス6人タッグデスマッチ
佐々木 貴○ ジ・ウィンガー 神威
vs
BADBOY非道 黒天使沼澤邪鬼 吹本賢児×

沼澤組のXは非道!!! この日一番のサプライズであり、お得感。
この試合はもう、それに尽きる。

 

第6試合 デスマッチトーナメント2012優勝決定戦
◇スペシャルガラスボードデスマッチ
MASADA×
vs
葛西 純○

片や準決勝でダメージの小さいMASADA、片や準決勝でカミソリを食らっている葛西。
立て掛けられた2枚のガラスボードに加え、リングのキャンバスとマットを剥がして板むき出しのリング。始まる前から緊張感が。
葛西入場時の葛西コールは凄かった。
試合は壮絶のひと言。葛西の言葉を借りるなら、正に死合。
最後は剣山ボードを載せてからのパールハーバースプラッシュ。
葛西、勝つ。会場大爆発。
涙が溢れてきた。
プロレス見てこんなに泣いてしまうなんて初めてだ。
葛西vs伊東も凄かったし、葛西はこれが最後で引退してしまうんだろうと思って見ていただけに感慨もひとしおだったけど、今回はまたそれに輪をかけて心を揺さぶるものがあった。
デスマッチって血が出るし痛そうだし、見てて怖いんだけども、僕は葛西の生き様に感動を覚える。
葛西がいる限り、デスマッチは見に行くんだろうと思う。

We’re gonna win! We’re gonna FREEDOMS!2012-2012.5.2後楽園- [DVD]
B008713VH8

大日大戦’09 番外編伊東竜二vs葛西純 -11.20後楽園ホール大会- [DVD]
B00343DD6S

Similar Posts:

This entry was posted in プロレス and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a reply