みちのくプロレス2012年、年内最終戦・東京大会

このエントリーをはてなブックマークに追加


2012.12.13 後楽園ホール

宇宙大戦争および東北ジュニア戦のためにチケット購入。初めてのみちプロ。しかし3週間前にサスケが骨折しており、はたしてどうなるのかと思いながら赴いた。
※試合時間、決まり手などは公式サイトから引用。

*

  • 3.○南野タケシ、卍丸、Ken45°(11:10エビ固め)拳王、●野橋太郎、日向寺塁

なんだかんだ出遅れて、この試合の終盤から観た。結構盛り上がってて、会場の熱にテンションが上がった。

*

  • 4.「東北タッグ選手権」時間無制限1本勝負 

    ウルティモ・ドラゴン、○気仙沼ジローラモ(11:16首固め)●ラッセ、剣舞

かなりあっさりだったけど、校長&沼ジローラモ組がタイトル奪取。沼二郎ももうちょっと動けるといいんだけど、膝が相当悪いのか、まず走れない。もっさりもったりしていて動きにキレというのを感じられなかった。イタリア男キャラはいいんだけど、試合スタイルとしてはまだまだなのかも。ラッセと剣舞が動けるだけに、ちょっと噛み合ってなかったかなぁ、と。

*

  • 5.「宇宙大戦争~ザ・グレート・サスケライジング~伝説は、壮絶に、終わる」時間無制限1本勝負 

    ○ザ・グレート・サスケ、ヤッペーマン1号、2号、3号、超人関本(23:16体固め)バラモンシュウ、●バラモンケイ、カラテバラモン、火野べイン、ザ・グレート・ゼブラ

開始前にサスケからドクターストップがかかったため欠場するとの挨拶。がっかりはしたものの、怪我が怪我だけに無理はして欲しくないから、これは納得。ただでさえあちこち悪そうなんだし。会場もあまり大きなブーイングにはならず。

まず入場から全身を緑に塗った超人関本がインパクト大。元々超人的な肉体に人間離れした緑ペイントでハルク感抜群。その超人と火野ベインの肉弾戦も実現。やっぱり迫力ある。先日のK-DOJOに続いて良いものを観た。間違いなく2012年現在のインディ界トップたち2人の本格的な再戦はもっと先でいいけど、たまにこういうのは、いい。

キャットウーマンと化した大畠、というかヤッペーマン3号があまりにスタイルが良いので気になって仕方なかったり(いや動きも良かったんですけど)、ゼブラがあまりに細くて弱かったり(「ゼブラ弱い!」というヤジがウケてた)、サスケが右腕一本で頑張ってラダーとイスのオブジェを作ったら関本に一発で壊されたり、印象に残ったポイントがありすぎたんだけど、今回はカラテバラモンが一番かも。途中からブリーフ1丁でしかも半ケツ状態でずっとやってて、いつポロリするかとハラハラしてしまった。笑

最後は関本が投げたケイをサスケが横から押さえ込んでちゃっかり勝利。「えー」って言われてたけど、ある意味ハッピーエンド。

*

  • 6.「東北ジュニアヘビー級選手権」時間無制限1本勝負

    ○フジタJrハヤト(20:35K.I.Dレフェリーストップ)中嶋勝彦●

勝彦は強かった。ハヤトが攻める場面がもっとあるかと思っていたが、勝彦は厳しい攻めでそれを許さず。しかし最後は死力を振り絞ったK.I.Dでハヤトの勝利。会場がっつり盛り上がった。しかしあっという間の濃い20分間。

試合後のマイクでハヤトは挑戦者にZERO1日高を指名。試合巧者相手にどんな防衛戦をするのか、楽しみである。

20121220-124322.jpg

20121220-124508.jpg

Similar Posts:

This entry was posted in プロレス and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a reply