「ノンとブルとエッグ」 – nest年末スペシャル -

このエントリーをはてなブックマークに追加


2012.12.27 渋谷 O-nest

出演: goodbye blue monday / ノンブラリ / flight egg

今年最後のブルマン。3マンということでたっぷり楽しめる!しかも対バンもなんか面白そう!というわけで行ってきた。

*

  • flight egg

なんだか好みなんだけど、何と言って形容したらよいか。どことなくローファイ感漂わすガレージpっぽさがありかつキャッチーさも持つポストロック…って思ったんだけど、どうだろう?(たぶんなんか違う…ということで家に帰って買った音源を聴いてみると、ライブで感じたよりもおしゃれ感ありつつやっぱりポストロック的な雰囲気が一番強いのかな、とは思った。)

ともあれ、なかなか気に入ったのである。

*

  • goodbye blue monday

赤い髪になったふじたさん、gbmイン3マン。そんな初めての夜。

聴いたことのなかった曲もあり、良いセットリストだった。でも僕が聴いたことのない曲も新曲ではなく旧曲であるとのこと。finale (for arrange) EPの4曲以外の音源早く聴きたいな。

ライブはいつもの通り素晴らしい。orfeからfinale (for arrange)まで、時間的にはいつもよりたくさんやってくれたんだけど、あっという間だった。そして今日もまたfinaleのコーラスワークにうっとり。

ギター西田さんとても巧い。でも巧いだけじゃなくてなんかアツいんだな。良い意味で。ふじたさんがMCで来年のライブの告知しようとしたら「来年のことはいいよ、今ココのライブが大事だろ!(かなり意訳)」っつって遮るし。笑

このバンドは他のパートもみんな本当に技術レベルが高くて、しかもそんなに技巧をひけらかすって感じでもなくキャッチーさというかポップネスを忘れないのが素晴らしい。もっと世に知られていいバンドだと思うんだよなぁ。米国のバンドと同じ名前なのが検索精度を下げてる部分があって惜しまれる。

終演後バーフロアでふじたさんにご挨拶。たくさん話していただけた。僕のブルマンへのアツい思いは伝わっただろうか。どちらにせよ、これからもその思いは伝えに行くのである。

*

  • ノンブラリ

この日は彼らのツアーファイナルだったんだね。途中からしか観れなかったんだけど、なんだかハッピーでいいバンドだなぁ。それもやみくもにハッピー!ってだけじゃなくていい。ただひたすらポジティブなだけのバンドとかたまにいるけど、あれは苦手。薄ら寒い感じがしてしまう。でもノンブラリはあったかかった。ハッピーであったかいの。それでいて音楽的には結構色んなものが混ざってる感じがする。その意味で今風。現代的。

中でも僕はボーカルの声がすごく気に入った。中毒性があるというか何度でも聴きたくなってしまう。そしてニコニコしちゃうような。

音源が1曲入りのTwinkleしかなかったのが残念だな。旧譜は再販しないんだろうか。とりあえず彼らのSoundCloudで10曲くらい聴けるので、しばらくはこれで我慢か。


Similar Posts:

This entry was posted in ライブ and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a reply