“UHNELLYS” Release Tour Final

このエントリーをはてなブックマークに追加


2012.09.29 代官山 LOOP

uhnellys
GUEST: rega

かなり久しぶりのuhnellys。正直音源の発売もあんまり追ってなかった時期があったんだけど、新作とその1つ前のライブ盤聴いたらやっぱりいいな、というわけで、ツアーファイナルに。2nd出る前くらいから聴いていてライブもかつては結構行ってたんだけど、ロングセットのライブは初めてだ。

rega

色々あって開演ギリギリにLOOP着。カウンターでビールを買ったらちょうどスタート。

来るとき道に迷ったりしてイライラしてた気持ちは一瞬でぶっ飛んだ。とにかく楽しい。

インストだしテクニカルだけど、ロックだしキャッチー。演奏してるメンバーたち自身が楽しんでいるのが分かるこの感じ。

新曲もやってくれた。これは珍しく重めで暗めな曲。(そういえばregaの曲は明るさも暗さもあまり感じない。コード感があまりないせいか。) 珍しい感じながら、これも恰好良かった。

そんなわけで長めの45分くらいのセット。ウーネリーズ前に最高にあっためてくれた。

uhnellys

何年か振りのuhnellysは、音の厚みもグルーヴもコトバの力もパワーアップしてた。ライブ盤を聴いてそれは認識しているつもりだったけど、やはり生は一味どころじゃなく違った。

regaが終わった後、スルスルっと最前列に来れて、しかもそれがキムさんの真ん前で、なぜか緊張しながら始まったライブ。セットリストも見えてしまっていたけど、見えないフリして楽しんだ。

Kimさんのギターやコルネットが紡ぎ重ねられていく音と畳み掛けられるコトバの数々、そしてmidiさん (前から綺麗な人だと思っていたけど、更に美しくなっていたような) のドラムのビートが絡み合って生まれるグルーヴは、以前観ていたときよりずっと重厚で、自信に満ちていて、唯一無二の存在感を放っていた。圧倒された。特に、菩提樹の変化ぶりがもう凄くて恰好良かった。ライブアルバムで分かっていたとはいえ、リミックスと言っていいようなグルーヴィー方面への変化。

アンコール含め14曲。あっという間の至福の時間だった。年末に音源を出すと言っていた。このツアーを経た2人の音がどんなものになるのか、今から楽しみ。

uhnellys「菩提樹」(FUJIROCK’11 2日目 GYPSY AVALON)

あなた、どうして「BOX」(ボーカルKimさんの別プロジェクト)

rega「Mr.MARLOWE」

20120929-230532.jpg
2012.09.30 リンク追加

Similar Posts:

This entry was posted in ライブ and tagged , . Bookmark the permalink.

One Response to "“UHNELLYS” Release Tour Final"

Leave a reply