よしむらひらく「2012 EP」レコ発イベント

このエントリーをはてなブックマークに追加


2012.11.22 渋谷 O-nest

出演:goodbye blue monday/よしむらひらく(バンド編成) / 田中茉裕

久々の、そして2回目のgoodbye blue monday。初めて観た時は途中からちょっとだけだったので、やっとちゃんと観れる、と。そして、予習段階でよしむらさんにも田中さんにも興味が湧き、待ち遠しい夜だった。

*

少し遅れて行ってやっちまったと思ってたら、まだgbmではなく、よしむら氏が弾き語りをしていた。

少し鼻にかかった、でも甘過ぎない声、アコースティックギターの深い響き。初めて聴く曲たちも味わい深い。フォークっていいな、と。バンド編成でのステージに期待が高まった。

*

  • goodbye blue monday

そしてgbm。改めて、アンサンブルの技術が高いなぁ、と。細かいフレーズが複雑に絡み合っていて、そこにふじたさんの正確でキリリとしたボーカルが乗る。メロディは奇をてらったものではなく、あくまでPOP。曲によって入るエレキバイオリンも良い味。高い技術とPOPさキャッチーさ、というのが僕にとってのgbmかな。

ところで、ふじたさんの歌を聴いていて感じたことがある。上手いなー、というのと、声がちょっと森高千里に似てる?と。歌い方はそんなブリブリしてはいないからそっくりってことじゃないけど、なんだろう、キリっとしたハイセンスな美人、て印象に比べて声が可愛いなってこと。

1曲目のorfeはやっぱり名曲。途中、よしむら氏と吉田ヨウヘイ氏が登場して特別企画セッション。SoundCloudでは聴くことのできる男性ボーカル曲ユーレイを演奏。最後はトリプルギターで2曲。これまた恰好良く、本当、もっとたくさんの人に聴いてもらいたいバンドだ。バンド名がアメリカのバンドと被るから検索しにくいのが残念。

終演後にこの日の朝できたばかりという「finale (for arrange)」EPを購入。ギターの西田さん曰く納得の出来だそうで、事実、とても良い。

次に決まってるライブは12/27。1ヶ月も先な上にまだ行けるかどうか分からない。むむむ。

*

  • 田中茉裕

弾き語りで、数曲だけバイオリンがサポートに。良曲多し。高く張ると少しふくろうず内田さんぽくなる。うっかりしてて音源買い忘れた。またじっくり聴いてみたい人。

*

そんなわけでこの夜の主役登場。よしむらさん男前。バックはギターとパーカッションとキーボーがはgbmのメンバー。それプラスドラム、ベース、コーラスがいて、ステージ上は賑やかな状態。

曲の雰囲気はちょっと曽我部さんというかサニーデイというか。でも曽我部さんよりは甘さ控えめ。分類したらフォークロックみたいなことになるんだろうけど、最近よくいるタイプのそれとは違い、メロディの質もアレンジも演奏力もしっかりしてて安心して聴ける。そして何より声が好きだ。上にも書いたけど、少し鼻にかかった味わい深い感じのセクシーな声で、ずっと聴いていたくなる。

「これを出したくて2012EPを出した」というDancin’も、今度出るという音源に入る新曲も、クセになりそうな曲がたくさん。帰りにまだ買っていなかった2012EPを購入。今度出る音源が今から楽しみだ。

***

色んな味わいの「歌」がたくさん聴けて、充実の夜だった。

***

2012.12.20 リンクなど追記

Similar Posts:

This entry was posted in ライブ and tagged , , . Bookmark the permalink.

One Response to "よしむらひらく「2012 EP」レコ発イベント"

Leave a reply