透明雑誌/Crypt City @小岩 Bush Bash

このエントリーをはてなブックマークに追加


2012.08.02

会いたくて会いたくて震え続けていた透明雑誌に遂に会えた。

 

中尾憲太郎氏率いるCrypt City。全く予習せずに観たんだけど、もうゴリッゴリの厚くて熱いロケンロールだった。ベースブリッブリのゴリッゴリ。下半身にキた。これは是非またライブ観たい。

音源欲しかったんだけど、物販にLPとデータ(CD?)っていう組み合わせのしかなくて、調べてもどうやらそういう形態でしか売ってないぽくて、LP聴ける環境じゃない僕にはちょっと…ということでスルーしてしまった。あってもいいじゃん、って言われるかも知れないけど、できるだけモノは増やしたくないのです。そういう人もいるんですよ、っと。

 

そしていよいよ、念願の!憧れの!透明雑誌。そりゃあもう想像以上に切れ味鋭いロックンロールを鳴らしてた。こちらも熱量すごい。恰好良い。とにかく。

途中フジロッ久(仮)の人がゲストボーカルで出てきて、「萬華の宇宙」をやった。(フジロッ久(仮)聴いたことなかったから、ああ、こういうあったかい感じのバンドなんだろうな、と思い込んだけど、最近聴いたら「え?あれ?」ってなった(笑))

お客さんの熱も凄くて、かつあったかくて、メンバーも演奏を楽しんでいて、とてもとても幸せで楽しい夜だった。帰りに物販で買った傷心欲絕も良い出会いだったし、そもそも近所なのに全くノーマークだった小岩Bush Bashというハコがとても雰囲気のいいところで素敵な発見になった。


元NUMBER GIRLと台湾のNUMBER GIRLの対バン。1月半経った今思い出しても、熱くて素敵な夜だった。


Similar Posts:

This entry was posted in ライブ. Bookmark the permalink.

2 Responses to "透明雑誌/Crypt City @小岩 Bush Bash"

Leave a reply