モーモールルギャバン ワンマン

このエントリーをはてなブックマークに追加


2012.11.23 新木場 COAST

ZEPP TOKYOでのワンマンから半年と置かずに再びこの規模でのワンマン。先行で買ったら驚くほど良番に当たり、若干緊張しながら赴いた。笑

入場の列作るときなぜか番号が1つずつ呼ばれたのが新鮮だった。COASTっていつもああなんだろうか。

そんなこんなで入場。同行者3名のうちご夫婦は一旦最前列の柵を確認してから悠々とドリンク交換。ガッついて前に前に行くのだけがライブじゃない。状況が許す限り自由に見方を選べるのも大きな会場のいいところかもしれない。

10分くらい遅れて開演。ユコさんとまるりんのタイツがキッチュなやつで、そんなんどこで売ってんの?という。笑 そして始まった1曲目は「おれ風呂入るトゥナイト」! 新木場に向かう道すがら、これやってくれないかなぁ、と最初に思った曲だったので、なんだか嬉しかった。

静かめに始まってくれたにもかかわらず、後ろからの圧力は凄かった。始まった瞬間に「やばい」と思って、横にいた同行者の斜め後方に回り、ガードの態勢を取り、そのまま最後まで。ちょうど真ん中の縦に設置された柵と前の柵で出来た角っこだったので力が逃げなくてアカンポジショニングだったのかも、と後から反省。周りが女の子しかいなかったし、油断した。

演奏は進む。前にいたので出音がどんなだったか分からないけど、いい感じのバランスに思えた。ZEPPのときもそうだったけど、もはや大会場でも違和感を覚えることはない。Basement Barやらの小さなハコでやっているときからグルーヴは変わらない。でも、大会場でもその「場」に負けない音になったんだというのは感じる。何が違うのかは分からないけど、前に初めてAXで観たときの違和感を今でも思い出す。えー、これじゃモーモーの良さが伝わんないよ!って思ったのだった。

演奏中やちょっとした進行のための映像が用意されていて、ステージ奥のスクリーンに映し出される。どれも恰好良かったりちょっと笑えたり。こういう演出ってモーモーで見たのは初めてだと思う。バンドとスタッフの気合が伝わってくる。

本当の本当にあっという間に本編が終わった。後ろからの圧迫に耐えるにあたってはかなり疲れたけれど、それとは関係なく幸せな時が過ぎていった。

そしてアンコール1回目に事件は起こる。まだ野口氏が在籍していた「初代モーモールルギャバン」の映像が煽りV風に流され、そして登場したのは…まさにその初代モーモールルギャバン!!!もちろん野口氏も駆けつけた!スーツの両腕をぎこちなく千切り取り、シャツの胸ボタンを飛ばす。気合!そのまま2曲ほど初代モーモールルギャバンの曲を披露。なんかいかにも大学の軽音サークルのバンドが作ったぜ的な曲!良いか悪いかって言われたら良い曲なんだけど、まあなんだ、青々しいのだ。笑 歌詞はよく聞き取れなかったものの、その青っぽさだけは確実に伝わってきた(`ФωФ) 後でゲイリーも「パンティ泥棒の唄やるより恥ずかしかった!」と言っていたけど、まあ、そうだろうなぁ…笑

***

そんなこんなで、とても盛り沢山で濃い夜だった。ずっと笑顔でいられたと思う。この夜、交わした言葉もきっと忘れない。生きてて良かったよ、本当に。みんなありがと。

モーモールルギャバン

***

2012.12.20 リンクなど追記

Similar Posts:

This entry was posted in ライブ and tagged . Bookmark the permalink.

One Response to "モーモールルギャバン ワンマン"

Leave a reply